忍者ブログ
 
渡辺おさむの展覧会、ワークショップ、メディア掲載情報をご案内致します。
10

1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

渡辺おさむ 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009」掲載

2009年に渡辺おさむが初参加した大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009が現代企画室より作品集として刊行されました。

10年、4回目を迎えた大地の芸術祭。365のアートが煌めく里山。760km2にわたる広大なこの土地には、お年寄りの笑顔と、都市の人びとにとっての「新しい故郷」があった。協働の喜びがつくった魅力は、越後妻有を飛び出して世界とつながる。

大地の芸術祭の作品に感じられるのは、ある開放感です。美術作品は展示空間+作品という通念をくつがえし、大地の芸術祭は「脱芸術」の方向に向かっている。             
————中原佑介(美術評論家)

「大地の芸術祭」は、アートを通じて未来の“希望のムラ”を構想する社会運動である。一昔前であれば、それは“革命”と呼ばれたものかもしれない。
————太下義之(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 芸術・文化政策センター)

【主な内容】
《里山とアート》2006年大地の芸術祭の全作品・イベントを美しい写真で紹介。
《対談/シンポジウム/座談会》
●対談 建築と美術の共生——五十嵐太郎×北川フラム
●シンポジウム「越後妻有と農業の未来」——舞踏家・森繁哉&越後妻有在住の5名
●座談会 メディアから見た、大地の芸術祭——田中三蔵(朝日新聞)、小川敦生氏(日本経済新聞)、田島徹(NHKエデュケーショナル)ほか

NPO法人越後妻有里山協働機構/発行
2010年4月刊行
定価3500円+税
A4並製
ISBN978-4-7738-1005-9 C0071

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
OsamuWatanabe
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R

82  81  80  79  78  77  76  75  74  73  72 
2010年 Kawaii賞 渡辺おさむ 4/25号 art-icle 表紙に登場
忍者ブログ [PR]